top of page

Instagram「いいね」を増やすおすすめの投稿時間は?


Instagram「いいね」を増やすおすすめの投稿時間

Instagramでより多くのエンゲージメントを得るためには、多くの人々の目に触れる機会を増やすために、投稿時間の調整が重要です。Instagramには反応が高まる投稿時間帯がいくつか存在します。しかし、これらの時間帯が必ずしも全ての人にとって最適であるわけではないため、自分のジャンルや投稿内容に合った最適な投稿時間を見つけ出すことが大切です。

自社のアカウントでの応用や、可能な場合、インフルエンサーの投稿時間を指定するなど多岐に活かすことができます。



目次




| Instagramの投稿時間の最適化

Instagramでより多くのエンゲージメントを得るためには、アクティブユーザーが最も多い時間帯に投稿することが重要です。以下に、特に反応が高いとされる時間帯を挙げ、それぞれの特性について解説します。

✔夕食後〜就寝前:19時〜22時

夕食後から就寝前の時間帯は、1日の中でも最も多くのアクティブユーザーが集まる時間帯となります。具体的には、19時から22時までを指します。この時間帯は多くの人が帰宅し、夕食後や家事を終えた後、スマートフォンを片手にリラックスする時間となります。**この時間帯は「Instagram(SNS)のゴールデンタイム」**とも呼ばれ、投稿時間として最も推奨されることが多いです。ただし、22時以降は反応が減少する傾向があります。そのため、投稿は遅くても21時までに行うことをおすすめします。

✔ランチタイム前:12時〜13時

次に、12時から13時の時間帯も多くのユーザーがInstagramを利用する時間帯となります。これはランチタイムが近づく時間帯であり、仕事をしている人々がランチ休憩中にInstagramをチェックする機会が多いためです。この時間帯は、ビジネスマンやOLだけでなく、学生もランチ休憩中にInstagramを利用します。また、13時以降から夕方にかけても、一定のアクティブユーザー数が続きます。これは主婦をはじめとする、さまざまな年齢層やライフスタイルの人々もInstagramを利用していることを示しています。ランチタイムの閲覧に間に合うよう、12時前に投稿することをおすすめします。

✔通勤・通学時間:7時〜8時

通勤・通学時間もまた、Instagramをチェックするユーザーが増える時間帯となります。これは、多くの人々が通勤や通学の移動中にスマートフォンを活用し、その中でもソーシャルメディアのチェックを行うからです。特に朝のこの時間帯は一日の活動を始める前の情報収集の時間ともなるため、新たな投稿を目にする機会が増えます。通勤や通学が始まる前、つまり7時前後に投稿することで、多くの人々の目に触れる機会を増やすことができます。 各時間帯の特徴を理解し、自身のターゲットとなるユーザーが活動的になる時間を見つけることで、より効果的なInstagram投稿が可能となります。 しかし、一概にこれらの時間帯が最適とは限りません。ユーザーのライフスタイル、興味、活動パターンにより、最適な投稿時間は変わるかもしれません。自分の投稿がどの時間帯に最も反応が得られるのかを把握し、それに合わせて投稿時間を調整することが重要です。

| ジャンルに合わせたベストな投稿時間

Instagramのアクティブユーザー数を考慮すると、夕方から就寝までの時間帯が最も投稿に適した時間と言えるでしょう。しかし、一般的な投稿時間が必ずしも自身の投稿ジャンルとマッチするとは限りません。 ターゲットとなるユーザーがどのようなライフスタイルを送っているのかを理解することも大切です! 例えば、主婦層や子育て世代をターゲットとしている場合、夜間だけでなく、平日のランチタイムや14時~15時頃も反応が良い時間帯となります。

また、商品を販売するアカウントの場合、早朝やランチタイムよりもゆったりと買い物ができる夜間帯の方が、商品の購入につながりやすい傾向にあります。 そうしたユーザーの行動パターンに合わせて投稿することで、エンゲージメントの向上やコンバージョンの増加を狙うことが可能です。

✔インサイト機能を活用して最適な投稿時間を見つける

同じジャンルの投稿でも、アカウントによって反応が良い時間帯は異なることがあります。より効果的な投稿時間を見つけるためには、Instagramの**「インサイト」機能**を活用することをおすすめします。 インサイトは、プロアカウントに切り替えることで利用可能な無料のアクセス解析機能です。プロアカウントをまだ利用していない場合、この機会に切り替えてインサイト機能を利用してみてください。インサイトを活用すれば、自分のアカウントに最も効果的な投稿時間をより具体的に把握することができます。

✔フォロワーのアクティブ時間を参考に投稿を行う

Instagramは無料で素晴らしい分析ツールを提供しています。 フォロワーが100人以上のアカウントについては、インサイトの「オーディエンス」セクションで、フォロワーのアクティブ時間を確認することが可能です。 ここではフォロワーがInstagramにログインしている時間帯や曜日を把握することができます。これを利用し、フォロワーの目に留まりやすい時間帯を狙って投稿することが可能になります。すべてのフォロワーが同じ時間帯にInstagramを利用しているわけではありませんが、アクティブ率が高い時間帯に合わせることは非常に効果的です。

✔一定の時間に投稿を行うことで反応が高まる

反応の良い投稿時間帯を見つけたら、その時間帯に一定期間固定して投稿を行うことをおすすめします。一定の時間帯に定期的に投稿することで、フォロワーもそれに合わせて定期的にチェックする習慣が形成されます。その結果、習慣的に「いいね」やコメントを付けてくれるフォロワーが増える可能性が高まります。 ユーザーからの反応を示す「エンゲージメントスコア」は、アカウントの質を測るための指標となります。フォロワーが目にしやすい時間帯に合わせて定期的に投稿し、より多くの反応を引き出すことは、エンゲージメントの向上に非常に効果的な手段と言えるでしょう。

まとめ

Instagram のアクティブユーザーが多い時間帯に合わせて投稿することは、より多くの反響を得るための重要なポイントです。 それだけでなく、自身のアカウントのジャンルに応じて、またフォロワーが最も活発な時間帯を見つけて、その時間に合わせて投稿することもおすすめします。 当記事でおすすめした時間帯を基準に投稿を試し、その結果を元に自身のジャンルに最も適した投稿時間を探ってみると良いでしょう👍

合同会社USECASEのInstagram運用代行は、格安で優秀なチームのWebマーケティング支援を受けられるサービスです。

本章では、合同会社USE CASEのサービスについて詳しく解説していきます。


合同会社USE CASEの特徴


USECASEのInstagram運用代行サービス
USECASEのInstagram運用代行サービス

よくある運用代行のような「過去1,000アカウント以上の運用実績!」とは異なり、数より質を追求したサービスです。正直に言ってしまえば、「運用代行」って他人事なんですよね。だから契約した後の運用は無責任に”ただやるだけ”という運用代行業者も少なくはありません。

しかし当社は違います。 100%自社出資のモデル事業を別に作って店舗を構え、その店舗の集客のために実際に自社のInstagram運用代行サービスを使っています。

だからこそ100%の当事者意識、100%のお客様目線が可能になります。


USECASEの運用実績
USECASEの運用実績

リスクを取らずに外から「代行」に徹している事業者と、当社のように自社でも店舗を経営し「生きたノウハウ」を日々磨いている事業者、どちらが信頼できますか?



USECASEの特徴は以下の3つです。

・投稿用画像作成から毎月のレポーティングまで幅広い業務に対応

・Webマーケティング専門チーム体制でサポート

・変化するアルゴリズムにすぐ対応でき施策実行が早い

このようにUSECASEのInstagram運用代行サービスを利用することで、フリーランスに依頼するデメリットを全て解決できます。

またUSECASEのInstagram運用代行サービスは「安く依頼したいけど品質も下げたくない」というニーズも満たせるおすすめのサービスです。



USECASEと他社の比較
USECASEと他社の比較

USE CASEのInstagram運用代行サービスの料金プランは低コストで始めたい方におすすめです。初期費用と月額料金は12万円で月に10投稿の制作、ハッシュタグ選定、キャプション制作、投稿まで全てワンストップです。



ここまで読んでくださった皆様は一般的な相場価格が頭に入っていると思いますので、10投稿と言って驚いていただけたと思います。

しかもただ投稿するだけでなく、以下まで全てパッケージに含まれてるんです!!


USECASEのサービス範囲
USECASEのサービス範囲
  • ハッシュタグ選定

  • キャプション生成

  • レポート(月1回)

  • 戦略会議(月1回30分)

当社にお任せいただかなくても、「社内の誰か」はSNS発信業務を行うことはないですか?

折角の社内の人材はもっと別の業務にアサインしたいですよね。 人件費分と考えても「月額50,000円」は圧倒的にお得ではないでしょうか。

閲覧数:37回0件のコメント

Comentários


bottom of page